反楽園観光論 - 吉田竹也

吉田竹也 反楽園観光論

Add: fibaq67 - Date: 2020-12-03 23:14:00 - Views: 6933 - Clicks: 1773

吉田竹也著 (樹林舎叢書) 樹林舎, 人間社 (発売),. 2246。 ndc9 版:689. 吉田 竹也【著】 吉田 竹也 著者略歴 1963 年、三重県四日市市生まれ。 1994 年、南山大学大学院文学研究科文化人類学専攻博士後期課程満期退学。 年、博士(人間科学、大阪大学)。 現在、南山大学人文学部人類文化学科教授。 おもな著書. 所属 (現在):南山大学,人文学部,教授, 研究分野:文化人類学・民俗学,小区分80020:観光学関連, キーワード:バリ島,文化人類学,観光,沖縄,リスク,楽園観光,再帰性,社会学,与論島,久米島, 研究課題数:3, 研究成果数:10, 継続中の課題:バリと沖縄の楽園観光地に生きる観光サバルタンの事例考察. 反楽園観光論: バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール (樹林舎叢書) 吉田 竹也 樹林舎売り上げランキング : 411233. Amazonで吉田 竹也の反楽園観光論 バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール (樹林舎叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。吉田 竹也作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

Amazonで吉田 竹也の地上の楽園の観光と宗教の合理化 (南山大学学術叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。吉田 竹也作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. Counter-science of tourism at "paradise" sites : a memoir on the islands of Okinawa and Bali. 7 図書 反楽園観光論 :. 観光―バリ島ウブドの日本人観光ビジネスを中心に―」 の続編に相当する。 吉田竹也 『反楽園観光論――バリと沖縄の島嶼 をめぐるメモワール』、人間社。 キーワード:「ホスト&ゲスト」、楽園バリ、日本人、リキッド・ホーム、リスク社会論. 反楽園観光論 バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール (樹林舎叢書)/吉田 竹也(エッセイ・自伝・ノンフィクション) - 人類学とその周辺諸学の知見を総合した立場から、現代の島嶼の楽園観光にアプローチ。.

『バリ宗教と人類学―解釈学的認識の冒険 (南山大学学術叢書)』(吉田竹也) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:人類学的表象を問い直す。「宗教」とは何か。その表象の構築過程と「楽園」形成への影響力を明らかにし、クリフォード=ギアツに代表される人類学的. 反楽園観光論 : バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール / 吉田竹也著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ハン ラクエン カンコウロン : バリ ト オキナワ ノ トウショ オ メグル メモワール. 41-94 吉田 竹也. 1-21 吉田 竹也. 吉田竹也(ヨシダタケヤ) 1963年、三重県四日市市生まれ。94年、南山大学大学院文学研究科文化人類学専攻博士後期課程満期退学。南山大学人文学部人類文化学科助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 3: 文化人類学への誘い: 森部一, 水谷俊夫, 吉田竹也 編著: みらい:. 本研究は、インドネシアのバリ島、および国内の沖縄地域を事例とし、「楽園」と呼ばれる観光地に関する資料にもとづいて、観光と宗教の合理化について探求しようとするものである。本研究は、理論研究と民族誌的研究からなる。前者については、マックス・ヴェーバーの合理化論を現代.

Vickers, Adrian, 1958-, 中谷, 文美(1963-) 新曜社. 吉田 竹也 南山大学, 人文学部, 教授研究期間 (年度–: キーワード: 楽園観光 / 合理化 / バリ / 沖縄 / マックス・ヴェーバー / クリフォード・ギアツ: 研究概要. 吉田 竹也(南山大学) 本発表では、楽園観光の社会分析に向けた1 試論と して、インドネシアのバリ島ウブドの日本人移住者の 観光ビジネスに関する状況を取り上げ、楽園観光をリ スク社会論の観点からあらためて捉えようとする。. 4: 沖永良部島の祖先崇拝と社会 : 知名町正名地区調査報告書: 吉田竹也 編. 7: 大きさ、容量等. 反楽園観光論―バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール. 3 形態: 430p ; 22cm 著者名: 吉田, 竹也 シリーズ名: 南山大学学術叢書. 反楽園観光論 - バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール - 吉田竹也 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

1 Description: vii, 237p : 挿図 ; 22cm Authors: 米浪, 信男(1948-) Series: MINERVA現代経済学叢書 ; 63 Catalog. 地上の楽園の観光と宗教の合理化 : バリそして沖縄の100年の歴史を振り返る 資料種別: 図書 責任表示: 吉田竹也著 言語: 日本語 出版情報: 名古屋 : 樹林舎 名古屋 : 人間社(発売),. 職名: 教授: 専攻分野: 文化人類学: 主要著書・論文 『バリ宗教と人類学―解釈学的認識の冒険』(単著)、『反楽園観光論―バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール』(単著)、『人間・異文化・現代社会の探究ー人類文化学ケースブック』(単著)、『地上の楽園の観光と宗教の合理化―バリ. 7: ページ数. 1 図書 演出された「楽園」 : バリ島の光と影.

氏名: 吉田 竹也: 所属: 人文学部人類文化学科: 研究課題: 反楽園観光論の探求―バリと沖縄の楽園観光地を事例として―. 田村, 史子, 吉田, 禎吾(1923-), 菅, 洋志(1945-) 音楽之友社 7 図書 「女の仕事」のエスノグラフィ : バリ島の布・儀礼・ジェンダー 吉田竹也 『反楽園観光論――バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール』 人間社 「楽園」イメージにもとづく島嶼観光の歴史と現状を、インドネシアのバリ島と沖縄の離島の. 観光・娯楽産業論 / 米浪信男著 Format: Book Reading of Title: カンコウ ゴラク サンギョウロン Language: Japanese Published: 京都 : ミネルヴァ書房,. 反楽園観光論 : バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール: 著者: 吉田竹也 著: 著者標目: 吉田, 竹也, 1963-シリーズ名: 樹林舎叢書: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 名古屋: 出版社: 樹林舎: 出版地: 名古屋: 出版社: 人間社: 出版年月日等:. 観光事業。 バリ島。 沖縄県。 分類。 ndc8 版:689. 反観光論に向けてのプロレゴメナン: ①: 書名 雑誌名: アカデミア人文・自然科学編: 論文名 巻号: 3: 出版社 発行年月: 年1月: 出版年月 : ページ ページ : 著者名: 吉田 竹也: 著者名 備考 備考 ②: 論文題目 : ②: 書名 : 雑誌名 : 論文名 : 巻号 : 出版社 : 発行. 2246。 isbn。。 価格。 ¥1600。 タイトルコード。。 内容紹介。 人類学とその周辺諸学の知見を総合した立場から、現代の島嶼の楽園観光にアプローチ。.

「観光の人類学」 反楽園観光論 / 吉田 竹也【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア 当サイトを正常に閲覧いただくにはJavaScriptを有効にする必要があります。. オンライン書店 Honya Club. 吉田 竹也 人類学研究所研究報告年3月 楽園観光地の構造的特徴―シミュラークル、脆弱性、観光地支配. 反楽園観光論 - 吉田竹也 「【単行本】 吉田竹也 / 反楽園観光論 バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール 樹林舎叢書」の商品情報やレビューなど。. 本稿は、今日の人類学的観光研究の向かうべき方向性のひとつを「反科学」にあるとみなし、反科学としての観光論の基本的な論点整理を試みたものである。 備考(Remarks) バリ島のエコツーリズムの逆説 単著. 反楽園観光論 バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール - 吉田竹也/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。.

/ 人間社 / 吉田竹也 内容紹介:本書は、インドネシアのバリ社会の過去およそ100年の観光と宗教の関わり合いとその展開を、「合理化」を切り口に考察しようとする研究であり、この本論に加え、沖縄の観光と宗教の関係に関する考察を補論として付したものである。 本研究では. ※「反楽園観光論」著者:吉田竹也 (年7月25日・初版1刷発行) 人類学者が観光現象の中での楽園観光地「バリ島」を見た。本著は「ウブド」に焦点が絞られ、興味あるウブドの将来が専門的に言及されている。 第1章 観光という問題系. 備考(Remarks) 森部 一,吉田竹也,小林 勝,菊地滋夫,三木 誠. 7: バリ宗教と人類学 : 解釈学的認識の冒険: 吉田竹也 著: 風媒社:.

反楽園観光論: 吉田竹也 著: 人間社 樹林舎:. 吉田 竹也『反楽園観光論: バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 反楽園観光論: 著作者等: 吉田 竹也: 書名ヨミ: ハンラクエン カンコウロン : バリ ト オキナワ ノ トウショ オ メグル メモワール: 書名別名: バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール: シリーズ名: 樹林舎叢書: 出版元: 樹林舎 : 人間社: 刊行年月:. 反楽園観光論 : バリと沖縄の島嶼をめぐるメモワール.

反楽園観光論 - 吉田竹也

email: rosewim@gmail.com - phone:(581) 938-4695 x 8730

フォーレ合唱曲集 女声合唱篇 - むしばだ ゆっさん

-> 小倉トースト 大矢真那ファースト写真集 - 大矢真那
-> 須磨れい子:義母のあぶない下着 - 須磨れい子

反楽園観光論 - 吉田竹也 - 生活者としての人間発達 金田利子


Sitemap 1

おまえ、私の主人になりなさい - 神奈木智 - 咄本よりみたる近世初期言語の研究